工場勤務で仕事を行う上での注意点

工場勤務で仕事を行う上での注意点は?

このページでは、工場勤務への転職を考えたり仕事を行ったりする上で押さえておきたい注意点を幾つか挙げてみました。

既に工場で働いている人だけではなく、これから就職しようと心に決めている方も一度チェックしておきましょう。

工場勤務の仕事自体が向いていない人がいる

どんな仕事にも向き不向きがあり、長く続けていくには自分の適性となる仕事を見つけなければなりません。

待遇が良いからという理由だけで選んでいると、「入社する」⇒「退職する」⇒「転職する」⇒「また退職する」という繰り返しになってしまいます。

工場勤務での仕事自体は難しくなくても、向いていない人はいるので幾つかの特徴を挙げてみました。

・二交代や三交代だと不規則な勤務形態の仕事が苦手
・毎日同じ繰り返しの単純作業が耐えられない
・集中力を維持して一定レベルで仕事ができない
・立ちっぱなしの仕事はしたくない(デスクワークが良い)

上記に該当する人は一度入社して仕事を体験し、「自分のイメージとは違っていた」と辞める原因となります。

自動車や電化製品、食料品など業種によって多少の違いはあるので、工場勤務の仕事を選択する際は十分に注意してください。

ライン業務は非正規雇用が多い

ラインでの製造業務は正規雇用ではなく、非正規雇用の職場が多い特徴があります。

工場によって異なるので一概には説明できないものの、アルバイトやパート、派遣社員や契約社員として働いている人が多いのです。

これは工場での生産に波があるのが大きな理由となっています。

①景気の良い時や売り上げが良い時はたくさんの製品を作る
②製品を作る量が多ければ多いほど人手が必要となる
③逆に売り上げが良くない時は不良在庫を防ぐために生産量をコントロールする
④正社員として雇い入れると契約満了として首を切ることができない
⑤派遣社員や契約社員であれば人員の数を調節しやすい

中小企業での工場は特にこのように考えており、雇い止めすることを前提に雇用しているのです。

そのため、「正社員として工場で勤務したい」という方は、正社員登用の実績のある会社へと入らなければなりません。

工場や製造の求人の特化サイトである工場求人ナビは、「正社員登用実績あり」「安定の正社員採用」といった求人情報を数多く抱えています。

「全ての工場勤務=非正規雇用」というわけではないので、工場求人ナビで自分に合った仕事を探してみてください。

契約社員から正社員へのルートは狭い

今は契約社員として工場で勤務しており、経験を積んで正社員を目指している方は少なくありません。

しかし、契約社員から正社員登用制度で正社員になるルートは狭いので注意が必要です。

完全に不可能だとは言い切れないものの、以下の学力や知力が求められます。

・業務推進能力
・業務を行う上での知識
・将来性
・コミュニケーション能力
・ペーパーテストのクリア

実際の勤続年数も深く関わっており、「1年間~2年間程度働けば正社員になれる」という考え方は危険です。

今の工場では何年間に渡って働いても正社員への道が開けないケースもあるので、転職活動を行って正社員として雇用されるのを目指した方が良いでしょう。

業種によって仕事の辛さが異なる

工場勤務はライン作業がメインで行われており、流れさえ掴むことができれば未経験や初心者でも業務をこなせます。

しかし、業種や職種によって仕事の辛さが異なるので注意しなければなりません。

個人によって感じ方が違うので一概には説明できませんが、大まかな目安を見ていきましょう。

比較的楽な部類:「機械系の製造工場」「衣料品の品出し準備」「バックヤード作業」
あまり辛くない:「お中元やお歳暮の仕分け」「運送会社での仕分け」
意外とハード:「食品会社の製造」「冷蔵室内での生鮮食品仕分け」「食品パレット洗浄業務」

食品関係の工場では力仕事を必要としないケースが多く、女性からも人気を得ています。

未経験での女性でもパートやアルバイトとして働くことができる代わりに、作業内容は意外とハードだと心得ておくべきです。

ただ働いているだけではスキルを身につけられない

ライン作業の中でただ働いているだけでは、将来的に役立つスキルを身につけられません。

「未経験や初心者でもできる=特別な知識やスキルは必要ない」と考えられ、派遣社員や契約社員は特に昇格や昇給が難しいのが現状です。

そこで、スキルアップやステップアップを図りたい方は、自分の将来像に合わせて資格の取得を目指してみましょう。

・アーク溶接作業者
・プレス金型取替作業者
・フォークリフト運転技能者
・衛生管理者

このように工場勤務で役立つ資格は非常に多く、いざという時の転職にも活かせるので働きながら時間を見つけて勉強してみてください。

求人情報

タイトルとURLをコピーしました